スマートフォンアクセサリーケースフィルム便利アイテム

スマートフォンアクセサリー

いまやスマホは一人一台が当たり前の時代になり

 

人によっては2台3台と複数持ち歩きしています
実際に管理人も常備2台持ち
使用用途によって最大4台持っています
どんな持ち方をしているかというと

 

 

電話専用のガラホー(フューチャーフォン)

 

データー専用のアンドロイドスマホ

 

カメラ専用のiPhone

 

アマゾンプライム動画視聴用のアンドロイド

 

という具合に1台にまとめてる人もがほとんどですが

 

管理人はバッテリーを持つことよりも
充電使用料の分散のために使い分けています

 

1台の場合はモバイルバッテリーを
持ち歩くのが当たり前になっているので
そこから見ると2台持っているようなものなのかなと

 

というぐらい豊富にスマホが全国民が
ほとんど持っているのことから
その不随するスマホアクセを
紹介していくカテゴリー

 

 

ガラホーならストラップという物が流行り
スマホになるとケースとガラスコート
このアイテムが本体の鉄板アクセサリー

 

その他付随する便利なアイテムとしては
HDMIやUSBコネクター
モバイルバッテリーからBluetoothイヤホン
もはやカメラの機能は
デジカメよりも高性能な為
自撮り棒とBluetoothシャッターボタンなど
まとめたカテゴリーです

 

広告:24Gを1980円から始めれるフリーシム
シムのサポートラインフリーシム受付

スマートフォンに関連するアクセサリー

もはや必需品のスマートフォン
電源が切れてしまうと電子マネーの決済や
公共機関の交通の定期券などの
利用ができなくなります

 

 

そういう意味ではモバイルバッテリーは
スマートフォンと合わせて持つ
携帯品になりその種類は様々
大きい容量のものから軽量の携帯に特化したもの

 

そしてシーンに合わせて防水ケースなど
カメラの機能を上げるアクセサリー

 

 

データーの容量を保存する為の
マイクロSDカード他
自撮り棒から色々紹介するカテゴリー

 

広告:3.6Gを900円から始めれるフリーシム

スマートフォンアクセ記事一覧

自撮り棒からリモート用のセルフィー器具自分を撮影するという概念からで2015年自撮り棒の登場で大きく流行るそこから撮影する為のアイテムが進化していきました自分を撮影する産業や幅広く知れ渡ったのは背景にはYouTubeの動画投稿やインスタグラムとTikTokの普及でカメラワーク動画ワークで撮影方法が広がりそれに伴い撮影する固定器具が豊富になる

スマートフォンやタブレット一人一台や複数台の時代で置き場所や置き方はひとそれぞれで個性が出てきますその固定器具種類やデザインも千差万別シーンは自宅ベット回りリビングキッチン外では自転車からバイクそれに自動車と幅広い場所でホルダーを紹介するページ

スマートフォンをいろんな種類の電化製品を充電できるusb規格のコンセントタブスマートフォン以外では小型扇風機usb充電式ライトusb充電式マウス小型の低周波マッサージ機まだまだ多く色々なタイプありますがその多くのアイテムはusb口からの給電で充電されているそのおおもとになるusbの電気出力が1Aなのか2Aなのかで充電されるスピード急速充電と言われる時間の違いも出てそのusbコンセントの種類を紹介す...

インスタグラムやフェイスブック自分投稿に抜群の威力を発揮しますホテルのラウンジや写真撮りポイントとなる場所や風景が良いところに行くと手の長さだけで自分撮影している人が多くみられます結構手だけだと充分撮影はできるもののカメラアングルのバリエーションが少なくなりますそのカメラングルを解消するのがこの自撮り棒+@Bluetooth(ブルートゥース)遠隔シャッター機能です自撮り棒全部のパーツを並べてみまし...

自画撮り棒今巷では楽しいアイテムとして話題になっています管理人「ゆいん」もその面白さに興味を抱き自画撮りは勿論簡易携帯の三脚にも応用できることが判明自画撮り棒以外に卓上の1000円ぐらいの三脚はいりますが自画撮り棒の下の部分に接続ネジがあり三脚にあわせると自撮り棒と三脚組み合わせ写真のように自立します多少不安定ですが平地の場合問題ありませんなかなか便利で特に携帯できるというのが一番のポイントそして...

モバイルアクセサリー類を扱っているメーカで特徴としてデザインがとても洗礼されておりシンプルで必要な装飾がされているミニマムでスタイリッシュで家電の立ち位置を変えるそれぐらい特徴のあるアンカー管理人はアンカーと意識してないのですが自然と選ぶのがこのアンカーのデザインが多いです

page top