お店や間接照明インテリアに必須なスポットライト

LEDスポットライト

LEDの登場する前は
通常の電球の明かりの仕組みで
スポットライトがありました

 

通常の自宅ではあまり使用しない
スポットライトですが

 

2010年頃からの
住宅のデザイン性が
豊富になるとともにスポットライトのある
インテリアの住宅も増えました

 

ですが基本は店舗やショールーム
ディスプレイそのほかは看板などのシーンが良くみられます

 

LEDスポットライトの特徴は

 

光熱費の削減

 

長寿命で交換のランニングコスト削減

 

電球からの大きな変化あました

 

 

 

普及し始めるとLEDスポットライトは種類多く
基本はE11口のいわゆる
今までのスポットライトの口径に合うため作られました
そのE11サイズのタイプでの数十種類あり
画像のように種類が登場します

 

LEDスポットライト

 

 

 

会社によってスポットライトは数種類
LEDスポットライト

 

画僧を見ていただいて形状が違い
光の当たり方が変わります

 

更には一つのメーカーに対して
光の当たり方に種類あり

広角

 

中角

 

狭角

と光の絞り方3種類あるので
メーカーや説明分
店頭ので照明の当たり具合をみて
購入する必要あります

 

 

3つ玉LEDだからと言って明るいとは限らない
LEDスポットライト
明るくなる部分を見てもらったら
左は明かりが一か所
右二つは明かりが3か所
違いがあります

 

一見3つある方が明るいと思いますが
じつは一つの左のLEDが一番明るかったんです

 

 

広角LEDライト

LEDスポットライト
対応角度60度
全体的に広く明かりを照らしてくれます
画像で見てもわかるように
ライトの取り付け位置は机と机の間ですが
机全体がてらされており非常に明るく感じます
なので昼やランチタイムの時間にりようすると
マッチングする広角タイプ

 

LED電球 5W 50W形相当 500lm AC110V ハロゲン電球 広角タイプ

 

家屋で言うならば寝室というよりも
ダイニングやキッチン
玄関の入口階段付近洗面所といった
明るく照らす場所に向いている
広角LEDです

 

 

中角LEDライト

LEDスポットライト
対応角度はおおよそ30度

 

一見必要ないかもしれない角度で
ピンでもなく全体でもなくという中角サイズですが
画像は比較の為に同じ場所ですが

 

中角の威力を発揮するのが
間接照明での利用になります
しかも角の隅っこに当てる間接照明だと
空間の広がりがかなり変わるぐらいの威力です

 

led スポットライト 6W 中角30度 50W〜60W相当 LEDダクトレールライト

 

自宅でもその使い方をすればいいので
リビングでテレビが置いてある
壁の上側両サイド角隅っこに当てると
テレビの映像が臨場感と部屋全体の雰囲気グッと変化あり

 

 

狭角LEDライト

LEDスポットライト
狭い範囲での照明で15度の角度
スポットライトの王道というか
美術館展示場で利用されたのが
始まりではないかというぐらい
狭角サイズの王道の使い方で
お店はカウンターバーで
テーブルのカクテルなど映し出される
イメージで照明落とすと狭角LEDスポットが
最大限に威力を発揮されます
お酒を提供する薄暗い店

 

LEDスポットライト E11 狭角 COB7W 調光対応

 

家では狭角は広い敷地の自宅でないと
利用するシーンは少ないとおもいます
例えば長い廊下を合えて狭角で照明し
廊下の突き当りには花瓶や絵写真など飾り
その照明ように狭角を使うといいでしょう

まとめLEDスポットライト

照明の豊富なバリエーションになり
自宅の作り方も絵などかけれる
ブラインドレール標準装備してたり

 

窓の位置が上部だけなど
昔の家屋との作りに変化が出ているので
必然的に照明の種類も変わってきます

 

今までの天井に取り付けるタイプから
アレンジで是非チャレンジして居住空間を
是非とも変えてもらいたい

 

LEDスポットライトはそんなアイテムになります

page top