季節家電冬の寒い日の対策はエアコンや床暖房

乾燥防ぎ湿度を上げると

四季がある日本の冬は夏と反対に
乾燥が激しいです。
夏は湿度が60〜90%に対して
冬は湿度が10〜40%になります

 

夏と冬の湿度が逆であれば良いのに
と毎年感じます

 

夏のジメジメを思い出してください
汗がなかなか乾かない状態
暑い時気持ち悪くからっとしないかなと

 

 

 

そう冬は湿度があれば
暖房効率も上がります
なぜ上がるのか湿度は水分で
水分が温度を保持する効果があるので

 

冬場は温かい空気を停滞させるために
保湿するため加湿は欠かせません

 

 

エアコン暖房器具
加湿保湿
この二つをあわせることで
節電効果が期待できます。

 

 

加湿効果のある家電製品は
加湿一体型のエアコンを選ぶか
エアコンのみと加湿
別々のタイプを組み合わせるか。

 

 

複合型であれば場所を取らずに
スッキリであるが家の中のレイアウト
インテリア間取りによって空気が
うまく滞留しないと
効果は半減します

 

単体だと加湿は場所を自由に設定できる
人が滞在する場所をピンポイントに合わせて
インテリアと用途によって選びたいものです。

冬暖房と加湿記事一覧

「こたつ」と聞くと昭和の時代を思い出すようなイメージとデザイン。「こたつ」それは暖かいと同時に、入ってしますと動けない冬の暖房器具としては有名なアイテム。便利だけどどうも布団の柄や大きさ色目やかっこいいものではないしかも現代の住宅事情は洋式がほとんどでコタツの相性はいいものとは言えない。そんな痒いところに手が届くような思いで登場したのがモダンなデザインで「えっ!?」これコタツなのというものばかり暖...

page top