スマートフォンアクセサリーケースフィルム便利アイテム

スマホ画面フィルム

ハーウェイP30lite本体ケース硬質フイルム

 

 

フリーシムのスマートフォン
ハーウェイP30ライト
画面は本体のめい一杯使用しているので
スマートフォンのサイズは5.5インチの機種大きさ
変わらず6インチの長め大画面
HUAWEI P30LITE
画面がかなり奇麗な解像度で
Huawei(ファーウェイ) P30 lite/Midnight Black/51093NRR
スマホ画面フィルム
管理人は昔AUユーザーでスマホは
日本製のものがほとんどでした
電波のプランが徐々に時代と共に変わり

 

auは家族との無料通話の為だけの
番号を保持するプランに
トランシーバー的な電話回線だけの状態におさまり
フリーシムのスマホを
LG(エルジー)
ASUS(エイスース)
Acer(エイサー)
使ったのちに
HUWAI(ハーウェイ)フゥアーウェイになる

 

 

Huawei(ファーウェイ) P30  lite/Midnight Black/51093NRR
スマホ画面フィルム
箱はiPhoneからの影響でしょうか
以前持っていたiPhone5の印象と同じ
白い箱にです

 

スマホ画面フィルム
通常通りというか箱を開けると
綺麗に収まっています

 

スマホ画面フィルム
日本は箱にパッケージにもこだわる民族なので
このパッケージが豪華な雰囲気というのは
選ぶポイントで重要な選択材料になります

背面は豪華のデザインのP30Lite

スマホ画面フィルム
オーロラ仕上げで色が複雑に織りなしてします
この表面の仕様は傷が目立ちにくい仕様かなと

 

 

新品の状態からガラスコートを貼る

スマホ画面フィルム
スマホを購入して新品の状態だからこそ画面のフィルムを貼るのが
長持ちするポイントでしょう

 

まずは表面のゴミを除去するためにアルコールで拭き取る

スマホ画面フィルム

 

 

スマホ画面フィルム

 

スマートフォンケース有名な
アイ・フェイス結構このカバーはよく見ます

 

スマホ画面フィルム
ハーウェイのP30LITEの色を変えるのに

 

 

スマホ画面フィルム

 

 

ハーウェイP30LITEの付属品全て
スマホ画面フィルム
超広角レンズ搭載/24MP AI
トリプルカメラ/高精細フルHD+ディスプレイ

 

■超広角レンズ搭載
最大約2、400万画素のAIトリプルカメラを採用した
アウトカメラセルフィー撮影がより楽しくなる
約2、400万画素のインカメラ

 

 

高性能CPUに大容量メモリで、アプリも写真も快適に楽しめる

 

 

安心して使える3340mAh大容量バッテリーと急速充電

 

 

大画面の割にネット環境がハイスペックでなければ
24時間は持つので6インチ画面では
バッテリー大きいタイプになります

 

 

約6.15インチの高精細フルHD+ディスプレイ

フルディスプレイのスマートフォンなので
大きさが飛躍的にある感じします

 

 

 

片手にフィットするスリムな3D湾曲デザインを採用

最近のスタンダードですが端っこにエッジが入り
手持ちがスッキリなめらかラウンド
スマホ画面フィルム

 

その片手エッジに合わせたようなラウンドがある
ifaceのスマートフォンケース

エイサーZENフォン

2020年からすると
少し古い型になるエイサー3max

 

スマホ画面フィルム

 

 

強化ガラス9H硬度スマホフィルム
スマホ画面フィルム

 

 

収納されているケースをみると安心する
スマホ画面フィルム

 

綺麗に包装されています
スマホ画面フィルム

 

ガラスシートを貼る前の状態
スマホ画面フィルム

 

 

アルコールの拭くものが付属されています
スマホ画面フィルム

 

 

まずは拭いてホコリなど取り除く
スマホ画面フィルム

 

スマホ画面フィルム
濡れたタイプのアルコールパットを利用して
細かいゴミも拭き取ります
次に乾いた生地で水分を拭き取りして下準備が完了

 

 

 

 

スマホ用のガラスコートのフイルムは表裏が決まってます

スマホ画面フィルム

 

 

 

 

スマホ画面フィルム

 

スマホ画面フィルム
スマホ画面フィルム

 

 

 

違うタイプの保護シート
スマホ画面フィルム
スマホ画面フィルム

 

 

カバーケースシリコンのソフトケース
スマホ画面フィルム

 

スマホ画面フィルム

 

 

スマホ画面フィルム

 

スマホ画面フィルム

 

ケースの上からスマホリングを取り付けます
スマホ画面フィルム
スマホリング取り付け完了
スマホ画面フィルム
位置は中心じゃなくてあえて
下半分の位置が片手で
文字も打ちやすくカメラも使いやすい

page top