スマホ防水ケースで水中撮影をしてみる

iPhone防水ケース

iPhoneを水の中でも
水回りのところでも使用したい
そんな願望を叶えるアイテム

 

アイフォン5Sの防水ケース

防水ケース

 

シンプルな構造です
防水ケース
一回り大きなケースに
防水用パッキンがしっかりしていて
ピッタリ密着しています
これで防水スマホでない機種を防水にできる
画期的な方法

 

日常的にはそこまで必要ないと思いますが
夏の海やプール
釣などで湖や川
そういった場面でスマートフォンの故障の原因となる水没や濡れを防ぎます

 

冬はスキースノーボードなどの雪でのレジャー
水分と同時にある程度の耐久性も期待できます

 

iPhone5Sサイズにピッタリな防水ケースに設計されている

防水ケース

 

 

iPhone5S防水ケースに装着された状態

防水ケース
見た目でもわかるように一回り大きいサイズのケースです
そういう意味では通常のカバーをつけている感じと変わらないので
通常の使用する感覚と大きな違いはありません

 

防水ケースに装着してても充電可能

防水ケース
イヤホンや充電箇所にも防水用の蓋がついてあるので
日常利用もできます
この防水ケースは水没しても大丈夫でした

 

試しにケースをつけて洗面所に水をためてから
ポちゃんと沈ませてみました

 

 

防水ケース 水晶 透明 超軽 アイフォン透明防水ケース 防水カバー

 

 

防水ケース
再度厚みも程よく厚くなりすぎず
5Sの厚みから6ぐらいじゃないでしょうかね

 

防水ケース
元々小さいiPhone5Sなので防水ケースに入れても
手にすっぽり収まります

 

防水ケース

 

アマゾンの商品説明文を引用して
口コミ感想を書きます

 

【防水性が抜群】
IP68防水レベルに達成し、水下10mまでも防水可能で、
雪、塵、埃、汚れから大切な携帯電話を保護できます。
海、プール、ダイビング、キャンプ、
スキー、スノボ、アウトドア、お風呂、雨の日などの
様々なシーンでスマホを守れます

 

 

防止レベル本当かなという疑問もあり
水没実験をあえてしました
この記事の一番下に水没させた動画をリンク張っています

 

実際に洗面台に水を溜めて
ぽちゃんとiPhoneを入れてみました

 

すると素晴らしい本当に
水の中でも大丈夫でした

 

なので海の撮影にも使っています


 

【耐衝撃】
衝撃吸収システムを搭載し、iPhoneが落下した時に生じる
衝撃力を低減でき、しっかりと守ります。
また、透明平面に段差があるデザインを採用し、
アイフォンの液晶画面とカメラレンズを全面的に保護します

 

 

そうなんです
ケースでカバーしているということは

 

衝撃にも強いといえます
少なくとも落下による角の
落しはかなり緩和しますね


 

 

【対応機種・お手入れ簡単
IPhone5/5S/SEにご対応いただけます。
ご注意:第二代Iphone SE(2020)に対応できません。
TPU材質のご利用により、画面へのダメージを抑えられ、
iPhoneをしっかり保護できます。また、操作も簡単で、
ケースを付けたままでも各操作にご対応いただきます

 

このシリーズに対応していています
管理人あhiPhone5Sで
ストレスなく利用してます


 

 

 

【高質な画質】
先端的な3Dラウンドエッジ工芸および
クリスタルクリア反射防止光学設計を採用し、
嵌め込み式にデザインされ、
厚さは僅か0.26mmで、超極薄のため、
何も貼っていないような感じで液晶画面の美しさを
そのままに展示でき、高品質な画質を確保できます

 

 

 

これ不思議なんですが
ケースに入れると少なからず
くもりますが

 

この防止ケースに関しては
画面が本当にクリアに写ります

 

本体をそのまま使っている感覚に画面のクリアさ


 

防水ケースを装着したままでも充電できます

防水ケース
ケース側面底部分にイヤホンと合わせて充電箇所に
防水用のラバーついてあります
ケース分の厚みがあるが差し込み
イヤホンの口も
防水ケース

 

実際に電源を差し込んでみます

防水ケース
少し押し込む感じの奥行を感じるケース分の厚みそう思わせる

 

 

電源ボタンもケースの上からONOFF可能

防水ケース
なんとも考えられた感じですね
防水もあるけど根本は
耐久ケースという理解が正しいですね
一回り大きくなるけど
スマートフォンの保護に対しては
全方向をカバーするので
とても効果あります

 

 

ボリュームの調整も可能

防水ケース

 

結果的には防水のケース
生活シーンで頻繁にあるかというと
正直そこまではありませんが
毎日の使用なら防塵や本体の保護に適しています
防水=フルカバーという事なので
一回り大きくはなりますがスマートフォン
アイフォン自体の保護という観点ではとても良い

 

 

 

page top