チョコレートの日バレンタインデー

バレンタインチョコ

バレンタインデーでの
チョコ選びというのは毎年悩みます

 

 

チョコ手作りしたい人は板チョコを選びます

板チョコを溶かして精製し
再び型に入れたり固めたりして
オリジナルのチョコづくりに励みます

 

チョコレート

 

 

作らいない人にとっては
どういうポイントを抑えるか

 

自分のご褒美用のバレンタインチョコ

 

職場などの付き合いバレンタインチョコ

 

義理チョコという割れるバレンタインチョコ

 

本命告白用のバレンタインチョコ

 

まだまだ色々なチョコレートはありますが
おそらくこの4種類が主流になるでしょう

ベリーチョコレート、砂糖未使用なチョコレート

 

チョコレート
チョコレート
チョコレート
チョコレート
甘党で実は結構チョコレートが好きです。
けどチョコレートは砂糖、脂質多しで肥満になる
スイーツ代表みたいなものです、

 

でもやめれないものでどうすればと色々みたところ、
ベルギー産のベリーチョコレート、実に砂糖未使用人工甘味料も不使用なんですが
砂糖並みに甘く更に後味がさっぱり。

 

味の種類は色々あるんですが一番感動したのがベリー味、
ベリーとチョコレートがこんなに合うなんて、
ベリーチョコレートをバレンタインデーにプレゼントする
女の子はきっと男子に喜ばれ、

 

大人で他の人とは一味違う印象のある
女性をイメージさせる高級感を感じさせるチョコレート。

 

残念なことに今の流通では日本で売っていません
良いものはなくなるのが早いと感じます。

 

ブルックサイド ダークチョコレート アサイ― 大容量907g BROOKSIDE Dark Chocolate Acai with Blueberry

パウンドケーキ工房 パリ21区チョコレート販売

自分のご褒美のバレンタインチョコ

2010年ぐらいから異性に対して渡すチョコレートではなく
働く女性が多くなってき
自らのご褒美としてのチョコレートを買う傾向が増えてきました

 

どんなチョコレート化というと
一点豪華型
えっケーキでは無いのでしょうかというぐらい
チョコレートの枠を超えて
ケーキに近いぐらいの豪華なチョコレートが選ばられる傾向にあります

 

ひょっとすれば本命のチョコレートよりもお金がかかっている
ひょっとすれば本命のチョコレートよりもデコレーションが豪華

 

というように結構な確率で良いチョコです


職場などの付き合いバレンタインチョコ

いつも時代もこれは続きます昭和よりもかなり減りましたが
それでも社交辞令の様にしっかりと職場環境を作る為のチョコ
営業チョコレートといっても良いんじゃないでしょうか

 

もう一つの作戦として職場に気になる人がいて
人知れずその人にもチョコレートをとおして気持ちを伝えたい
手段として職場での付き合いチョコを活用できます

 

さりげなく意中の彼にほんの少しのアプローチをして
一つのきっかけづくりを狙えるいわばチャンスでもあるチョコですが

 

基本は量産型のチョコを選ぶのがポイントでしょう


義理チョコという割れるバレンタインチョコ

職場でもない本命でもない

 

いわゆる義理チョコです
これは同姓にもあげる傾向も出てきて
友人や家族に主に渡すことが多くなってます

 

義理なのでシェアできるタイプのチョコレートが選ばれる傾向があり

 


本命告白用のバレンタインチョコ

本命チョコレートは手作りにこだわりがあります
というものの手作りは難しいのと
思いが重いという言われる風潮もあるので
作るなら型流し程度でいいのではないでしょうか

 

または自分のご褒美クラスのチョコレートを
準備するというのもいいかもしれません


page top