お湯を必要な量だけ欲しいで短時間の湯沸かし器ケルト代表的ななメーカーはティファール

電気ケルト便利な湯沸かし器

昭和時代は日本は
電気ポットが普及しましたが

 

平成の後半に入り
電気ケルトというものは
主流になりました

 

その理由の人ととしては
必要な時に湯沸かしができるというメリット
という事は電気代も常に保温している
電気ポットと違い効率的な電気の使い方します

 

 

オシャレで電動ポットよりも
場所をとらないという点があり
普及した一つの理由でもあります

 

ケルト本体の形

ケルト湯沸かし器
湯沸し器のやかんのイメージでしょうか
球体のするのは熱伝導効率がいいのか
ケルトにはこの形状は多く見られます

 

 

湯沸かしの為のスイッチ

ケルト湯沸かし器
下のボタンのようなスイッチから
電気で熱を作りケルトの底の部分に熱を
発生さ沸騰させる仕組み

 

 

 

ケルトの中身は底に加熱部分

ケルト湯沸かし器
この底の金属部分が熱を発生させ
お湯作ります水の量によって
沸騰させる時間が変わるので
少なければ早く多ければ
それなりに時間はかかりますが
最大量の800ml入れたとしても
5分ぐらいで沸騰するので
ガスレンジの火の沸点がより早くなるかもです

 

ケルト全体像

ケルト湯沸かし器
サイズは色々あり
画像のタイプは800mlで
3〜5人分ファミリータイプ向けです

 

配線箇所

ケルト湯沸かし器

 

 

ケルトの湯沸かし器を実際に使ってみて
慣れというのあります

 

ケルト家族構成で使用環境を考えてみる

2〜4人家族で全員が常に家族の方が
仕事や学校で日中不在が多い場合は
ケルトでお湯を沸かして飲むスタイルが
向いてます

 

4〜6日家族で3名以上自宅時間が長いと
電気ポットの方が効率良いかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

page top